ホームその他の話題 ≫ 衝撃の汚空間の断捨離実践その9。古いコタツ布団を捨てました

衝撃の汚空間の断捨離実践その9。古いコタツ布団を捨てました

衝撃の汚空間の断捨離実践その9。前回に引き続き、布団箪笥の断捨離です。

今回は、昔使っていた古いコタツ布団を捨てました。
前回の断捨離 →衝撃の汚空間の断捨離実践その8。布団箪笥に取りかかりました。

衝撃の汚空間の断捨離実践その9。

これまでは、使わなくなったモノも、そのまま取っておくのが我が家流でしたから、当然残っています。

スポンサーリンク

昔は大家族でしたし、祖父母のところへ遊びに来る茶飲み友達も多かったので、茶の間には大きなコタツを置いていました。

だんだん人が少なくなるたびに、小さいものに買い換えてきたので、コタツ敷き、内掛け、コタツ布団、上掛け……3組分くらい入っていました。

今は、茶の間のコタツに入るのは、主に母だけなので、一人用の小さいコタツにしています。もう大きなコタツ布団は使うこともありませんから全部捨てることにしました。

布団箪笥の中には、あと夏掛けが何枚かと、毛布が3枚残っています。

夏掛けは薄くてゴミ袋に入るので、可燃ゴミの日に出すことにして、毛布はクリーニングして、今使っている毛布と交換して使おうと思っています。

これで、ひとまず布団箪笥の断捨離は終了。次回は、布団箪笥の上に積んであるものを見てみようと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示