ホーム捨てにくいモノの捨て方 ≫ 使っていない古い布団の捨て方。そのまま捨てていいの?

使っていない古い布団の捨て方。そのまま捨てていいの?

昔は、真綿は貴重品で、家の財産であった時代もあります。お嫁入りの道具として用意する習慣も、田舎ではまだ残っています。

そのせいか、私なども これまでは「布団を捨てる」という発想はありませんでした。

でも、断捨離をはじめてから、考え方が少しずつ変わって来たのです。

使っていない布団の捨て方

我が家の押し入れには古い布団がぎっしりつまっているので、断捨離を進めていくと、これからどうしても向き合わざるを得なくなります。

使っていない布団はどう捨てたら良いのか調べてみました。

スポンサーリンク

基本的に、お住まいの地域のきまりに従って捨ててくださいということになりますが、一般的には、「可燃粗大ゴミ」に分別されます。

粗大ゴミとして捨てる


粗大ゴミとしての布団は、ゴミ収集所に出すことができません。

地方によっては年に何回か粗大ゴミの収集日を設けていることがあるので、指定の日に指定の場所に持ち込むことになります。

それ以外の場合は、有料でゴミ処理場に直接持ち込む方法もあります。持ち込み方や料金は、お住まいの地域の市役所へ問い合わせてみてください。

小さく切って可燃ゴミとして捨てる


とても手間がかかる方法ですが、カバーと綿を別々にして、バラバラに切り刻めば、ゴミ袋に入れて家庭用の可燃ゴミとして捨てることは可能です。

化繊綿などはフワフワ舞い上がって吸い込む危険もあるので、マスクを用意して気長な作業が必要になります。

不要品回収業者に依頼する


業者さんに依頼して回収してもらえぱ、手間が省けますので、大量にある場合などには便利ですね。

昔は、買い取りしてくれる場合もあったようですが、近年では、打ち直しするコストが高くなっているので難しいようです。

回収料金、出張料金などが必要になりますので、事前によく調べてから依頼しましょう。


その他、リサイクルして再び使うという方法もあります。

真綿布団の「打ち直し」ですね。布団屋さんなどに問い合わせてみると、料金などが解ると思います。

最近では、打ち直し料金は高くなっていて、化繊混合の布団が買えるほどだと言いますので、なかなか手軽に依頼することも難しくなっていますが、エコを考えるのなら必要ですね。

布団メーカー等では、古い布団のリサイクルに取り組んでいるところもあるようですので、購入したメーカーに問い合わせてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示