ホームスポンサー広告 ≫ たまに突然食べたくなる「まぜご飯」地域の行事食でした。ホームテキトー料理とプチ薬膳 ≫ たまに突然食べたくなる「まぜご飯」地域の行事食でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


たまに突然食べたくなる「まぜご飯」地域の行事食でした。

突如として、まぜご飯が食べたくなることがあります。

私が住んでいる地域では、まぜご飯は行事食で、人寄せの食事や、炊き出しの時によく作ります。

まぜご飯

お葬式や仏事によく作るため、お祝い事にはあまり作ることはありません。

それでも、特別なご馳走ですので、普通の日に、今日は混ぜご飯でも作ろうか、と、用意することがあります。

スポンサーリンク

具は細かく切った鶏肉、もどして細切りにした干し椎茸、細切りの人参がメイン。他に好みで、ゴボウ、タケノコ、茸などを入れることもあります。

まぜご飯

醤油、酒、みりん、を同割りで干し椎茸のもどし汁も入れて、削った鰹節タップリで煮るのが定番。

ただ、今回はみりんを切らしていたので、お砂糖で代用しました。

まぜご飯

ご飯と混ぜるのでお味はやや濃いめ。煮汁が少し残るくらいまで煮詰めます。

まぜご飯

ご飯は、少し水を控えて固めに炊きます。炊きたてのご飯に、具を混ぜればできあがり。

残った具は冷凍しておけば、レンジで温めて食べられます。

まぜご飯

残ったまぜご飯は、保温ジャーの中に入れておくと弱るのが早いので、取り出して冷蔵庫保存すれば翌日も食べられます。

私は、祖母がよくやっていた食べ方が気に入っていて、冷たいまぜご飯にお湯をかけてお茶漬けにして食べるのが好きです。

ジャンクな食べ方ですけれど、混ぜご飯のお出しがお湯に溶け出して美味しく食べられますよ。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。