ホームモノと向き合う暮らし ≫ 断捨離の目標がまたひとつ♪大きな猫がらくらく暮らせる部屋を夢見て

断捨離の目標がまたひとつ♪大きな猫がらくらく暮らせる部屋を夢見て

20年連れ添っていた猫とお別れして3ヶ月。まだ3ヶ月なのか、もう3ヶ月なのか自分でもよくわかりません。
愛猫との別れ →愛猫を看取る。命が消えるその時を待っている間に私が考えたこと
断捨離の目標
亡くなった直後は、部屋のそこここに気配を感じて、すぐ側に居るのを感じていましたが、最近では少し遠くなって、天へ昇って行ってしまったのだなという気がしています。

お別れのの時は必ず来て、寂しくてしかたなくなることはわかっていても、それでも懲りずに、また懐の中に猫を抱いていたいという思いが募ってきています。

スポンサーリンク

1年後を目標に、猫を迎える準備をしようと思っています。

まだ細かいことは決めていないし、本当にまた猫と出会えるかどうかもわかってはいませんが、ちょっと惚れ込んでしまった猫がいます。

大きな子は成長すると10kg近くにもなるという大型の猫。

前の子には何度も交通事故に遭わせてしまったので、今度は完全室内飼いの予定。

必要になるのが、大きな猫が自由に生活できる空間です。

新しい目標が出来ました。

猫が生活するスペースのモノを極力減らして、自由に動ける空間を広くする。 これです!!

猫のためなら頑張れる。そんな猫バカです(笑)

もしかして、子供でも居たら、そんなでもなかったかもしれませんが、母性本能が満たされない分、猫に行ってしまうのかもしれません。

やはり、具体的な目標ができると、気持ちも違いますね。

今断捨離をしている場所が終わったら、次は猫部屋になる場所の断捨離をしようと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示