ホームスポンサー広告 ≫ 衝撃の汚空間を大公開。何日かかるか予想もつかない、手強い場所の断捨離実践スタート。ホーム断捨離実践の記録 ≫ 衝撃の汚空間を大公開。何日かかるか予想もつかない、手強い場所の断捨離実践スタート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


衝撃の汚空間を大公開。何日かかるか予想もつかない、手強い場所の断捨離実践スタート。

板の間物置で、最後に残していた手強い場所の断捨離をスタートさせました。

汚部屋ならぬ汚空間。昔母が経営していた雑貨店の名残の商品棚…… モノ詰まり、と、モノ溜まりの複合空間です。

手強い汚空間の断捨離実践スタート

こんなところにモノを押し込んだのは私じゃないぞ!! と、声を大にして言いたい。

でも、この状況を見て見ぬ振りをして放っておいたのは私です。

その、衝撃の汚空間を大公開(汗)

スポンサーリンク

…… こんなんです。

ビフォー断捨離
手強い汚空間の断捨離実践スタート

引き出物でいただいたような食器セット、重箱が大量に、湯飲み茶碗が山盛り入った入れ物が6つ、ああ、もう数えられない(汗)

生活空間にあって邪魔なものをここへ押し込んだら、あふれ出して一杯になったという感じです。何十年も手つかずのまま放置されていたので、ホコリだらけ。

とりあえず今回は、お重箱を10個くらい、プラスティックのおひつ。お寿司を合わせる半切り。それから、祖母が使っていた大量の
編み棒を捨てました。
その後の経過はこちら→衝撃の汚空間の断捨離実践大公開一覧

ここがスッキリするには何日くらいかかるのか予想もつきません。でも、少しずつ取り組めば、終わりは来るはず。

なんとか、頑張ってみます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。