ホーム断捨離片付け本の感想 ≫ やました ひでこ・著。新・片付け術『断捨離』が読み終えられない

やました ひでこ・著。新・片付け術『断捨離』が読み終えられない

先日読み始めたやました ひでこさんの断捨離の本ですが、途中で読むのを断念しました。
前の記事 →やました ひでこ・著。新・片付け術『断捨離』読み始めました

entry_img_54.png

ごめんなさい、ごめんなさい。飽きちゃった(汗)

前半は、私の胸にズキュンと来るような共感する内容で、私がなぜモノが捨てられないのか、どうしたらモノへの執着から逃れられるのかわかってきたような気がしました。

スポンサーリンク


それで、さらに頑張ってモノを捨てて身軽になろうと考えは強くなりました。


ただ、本の後半は、やました ひでこさんがサポートした人の実情がたくさん例に上げられているんですよ。

ひとつひとつの実例は、確かに貴重な情報ではあるのですが、それが延々続くので面白くなくなっちゃったのが本音。

私は小説を読むことが多くて、こういう実用書は読み慣れていないからかもしれません。

そういう意味では、私は断捨離劣等生ですが(笑)

少なくとも前半は、今の私の中に強く印象に残りました、

これからも、「今の自分にこれが必要なのか」を考えながらモノと向き合って行くつもりです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示