ホームその他の話題 ≫ ビタミン、ミネラル、カルシウム栄養たっぶり。ほろ苦「カブの葉っぱのふりかけ」

ビタミン、ミネラル、カルシウム栄養たっぶり。ほろ苦「カブの葉っぱのふりかけ」

伯母にカブをたくさんもらったので、煮物にしたり、甘酢漬けにしたりしました。

残ったカブの葉っぱはザクザク刻んで振りかけにするのが毎回楽しみなのです。

カブの葉っぱのふりかけ

大根の葉でも同じようにしますが、カブの葉の方が柔らかめで、苦みも少ないように思います。

ビタミン、ミネラル、カルシウムなどをタップリ含んでいるので、実よりもさらに栄養豊か。

葉っぱ付きのカブや大根が手に入ったら、捨てずに全部食べてくださいね。

スポンサーリンク

伯母からもらったカブ。スーパーで買うようには大きさがそろっていませんが、パリパリしていて新鮮です。

実は、ベーコンと合わせてコンソメスープで煮て食べました。
我が家のお助けおかず →困った時はコレのお助けメニュー冬野菜で作るスープ蒸し。今回はキャベツで作りました
カブの葉っぱのふりかけ

今回は油揚げと、削りぶしを合わせましたが。

胡麻、松の実、しらす、桜エビ、大葉、千切り生姜、などを入れてもいいですし、何も入れず削り節だけでも美味しいです。

カブの葉っぱのふりかけ

作り方は簡単。まず、油揚げや胡麻など合わせる材料をフライパンで軽く炒ります。

胡麻油、または、サラダ油を少量注いで、刻んだ葉を炒めます。葉が固い時は酒少々を入れてしんなりさせてください。

最後に、削り節を加えて、醤油を回しかけるだけ。

カブの葉っぱのふりかけ

冷めても美味しいですが、できれば暖かいうちに、アツアツご飯にのせで召し上がれ♪ 

ザクザク長めに切って炒めれば、炒め物としておかずにもなります。

また、少し苦みを感じますが、茹でておひたしにしても、サッと煮て、煮浸しにしてもいいですよ。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示