ホームスポンサー広告 ≫ 時間が無いと言わないで。忙しい人のための断捨離時間捻出方法ホームモノと向き合う暮らし ≫ 時間が無いと言わないで。忙しい人のための断捨離時間捻出方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


時間が無いと言わないで。忙しい人のための断捨離時間捻出方法

専業主婦をやっている私の場合は、幸いに断捨離する時間は自由に、好きなようにとれます。

でも、お仕事をしている方や、子育て中の方などは、思うにまかせず、断捨離時間を確保するのが難しいでしょうね。
断捨離時間捻出方法
断捨離を「したくなければ、無理にしなくてもいい」、が、私のスタンスなので、時間がなくてしたくなければ放っておけば良いのです。

それでも、やはり切実に断捨離してスッキリさせたいと考える時、どうやって時間を確保したらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

考えてみると、一日をぐだぐだとなんとなく過ごしていることを考えたら、少ない時間を有効に使っている人の方が、充実していると思うのですよね。

専業主婦で、時間がたくさんあるからこそ、有効に使うべきだし、お仕事などで忙しい人も、少ない時間を大事に使って行くべきだと思います。

そういう意味で、時間のある人も、無い人にも、どちらにもおすすめしたいのが「ついで断捨離

ついで断捨離とは


これまでの、私の断捨離実践記録を見ていただければ、おわかりになると思いますが、私はよく食事の支度のついでに断捨離をしています。
断捨離の記録 →断捨離実践の記録

あまり使っていない食器を捨てたり、新しいものに交換したり、冷蔵庫の中の古くなったモノを確認したり、シンクの引き出しを確認していらないものを捨てたりしています。

最初、一巡目に断捨離をした時は、1個所あたり15分~20分くらい掛かっていましたが、それ以降は、毎回3~5分もあれば終わります。

他にも、お風呂に入ったついでに、シャンプーや石鹸の残りを確認したり、ゴミを捨てたり、汚れてきたタオルを交換。

洗濯機のスイッチを入れたついでに、よれよれになってきた服や下着を捨てたり、周辺にあるモノを片付け。

トイレに入ったついでに、トイレ掃除をして、備品の確認をして不要なものを処分。

いずれも、数分あればできてしまいます。

時間をかけるのが難しいなら、こうして一回にに1~2個ずつでも断捨離して行けばいいと思うのです。

時間決め断捨離とは


もう一つ、私がしているのは、寝る前に15~20分、時間と場所を決めて断捨離をすること。

断捨離をはじめてみたら楽しくなって来た、という方におすすめな方法です。

朝起きるのが得意な方は、いつもより30分早めに起きて15~20分断捨離するのもいいですね。

一日がスッキリ爽やかに始められて気持ちが良いと思います。

この時間にやるとおおよそ決めて、一日のタイムスケジュールに組み込んでおくことで、あらためて時間を作る必要がなくなります。

断捨離の時間をとるために、テレビを観る時間が少し短くなるかもしれませんし、就寝時間が少し削られるかもしれません。

でも、眠い時には無理しないで1日お休みしても構わないですし、何か1個だけ断捨離することにして、1分で終わらせてもいいと思います。

あまりにこだわってキチキチに考えると続きませんから、ある程度ゆとりを持たせて断捨離を楽しめばいいのだと思います。

半日断捨離とは


毎日ではなくて、時間がまとまって取れる時にやや長めの時間断捨離することがあります。

お仕事をしている人は、お休みで、何も予定が無くヒマな時などにおすすめ。定期的にということではなくて、思い立ったらやります。

私の断捨離の記録では、ビフォー・アフター写真付きの断捨離がそれに当たります。
断捨離の記録 →断捨離実践の記録

今日は時間がとれそうなので、午前中はここのモノ溜まりを解消させよう、と、断捨離をはじめます。

半日断捨離とは言っていますが、実質は2~3時間くらいで終わってしまうことがほとんど。

我が家のモノ溜まり具合はかなりなレベルですが(汗) それでも、やる気で作業すれば、思ったよりは早く終わります。

それに、長時間やるのは飽きるじゃないですか? 一個所だけを集中して断捨離して、パッと止めるのがコツです。

そのためには、断捨離するものを、全部出して並べないのがおすすめです。

モノがさほど多くない場合はこの限りではありませんが、我が家のようにモノがたくさんある場合、ガラクタを全部出してしまうと、多すぎて収拾がつかなくなる可能性があります。

ですので、収納されている場所から1つずつ取り出して、捨てるか残すかを感覚的に選択して、捨てるものは直接ゴミ袋へ。

決めかねたモノは、まとめて置いて、一通り終わった後で、もう一度考えます。



いずれにしても、「断捨離はしたくなければしなくていい」のですから、無理やり生活の中にねじ込もうとするのはいけません。

自分が楽しい、楽しめるという方法で、無理をしすぎない程度にした方が続けられます。

、「気がつけばお部屋がスッキリしていた」という日が来ることを目標に、続けて行きましょう♪

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。