ホームスポンサー広告 ≫ ビフォー・アフター画像あり。モノ溜まり1つ消失♪客間の床の間の断捨離をして花瓶など大量に捨てました。ホーム断捨離実践の記録 ≫ ビフォー・アフター画像あり。モノ溜まり1つ消失♪客間の床の間の断捨離をして花瓶など大量に捨てました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


ビフォー・アフター画像あり。モノ溜まり1つ消失♪客間の床の間の断捨離をして花瓶など大量に捨てました。

先日、思い切って我が家の汚部屋ぶりを大公開しました。

そこでご紹介していた、モノ溜まり1個所が解消しましたのでご報告します。

客間、それも床の間がモノ溜まりになっていて、ホコリで汚れ放題でした。
汚部屋公開 →モノ詰まり、モノ溜まりとは?写真撮影して実感する我が家の汚部屋の特徴

客間の床の間の断捨離

床の間の上に乗っていたたくさんの花瓶、気に入ったもの5~6個を残してほとんどを処分しました。

スポンサーリンク

まだ、全部スパッと捨ててしまうことができなくて、修行が足りないですね。

でも、ひとまず今はいらない、使わない、飾らないと思う花瓶はみんな捨てました。

ビフォー断捨離
モノ詰まり、モノ溜まりとは?

ホコリを払って水拭きした後はこちら。

アフター断捨離
客間の床の間の断捨離

残したのは、私が見て気に入ったモノ、飾りたいなと考えたもの。

大きな笠間焼き(?)の壺は、おそらく父が何かの記念にいただいたモノだと思うのですが、1~2歳児くらいなら入れる大きさです。

私の従兄弟達が子供を連れて遊びに来ると、この壺に入って遊んだりした、親戚みんなの想い出の壺なので、捨てないでおくことにしました。

それと、前は床の間の上で半分以上場所を取っていた、キジの剥製の置物は、床の間の前の畳の上に移してしまいました。

これも、だいぶ昔にいただいのだと思うのですが…… これ、邪魔

ただ、今は置物ですけれど、前は生きていたものなんですよね。なんとなく、ゴミにしてしまうのは申しわけないような気がして、今回は取り置きました。


最終的な理想は、こんな感じ。
客間の床の間の断捨離

キジの置物もなくて、床の間の上に壺1つだけ、または。花瓶1つだけ。

断捨離の提唱者、やましたひでこさんも、飾り棚など見せるための場所は、モノは空間の1割が理想だとおっしゃっています。

その意味でも、押し入れのモノ詰まりを解消させて、残した花瓶の置き場を作った方が良さそうですね。

それで、時々入れ替えて楽しんだりできれば、暮らしにもっと潤いが出てくると思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。