ホーム親の介護 ≫ 認知症の症状 時間の感覚がズレてしまうことがあります

認知症の症状 時間の感覚がズレてしまうことがあります

普通、年寄りは朝はやく目覚めると言いますが、母の場合は、年をとるほどに朝寝坊になっています。

朝早く起きても、テレビの前に座っているだけなので、それなら、寝てた方がいいと考えているのかもしれませんね。
認知症の症状

7時過ぎ頃に一度トイレに起きて、また寝てしまう…… 起こさないでいると、お昼過ぎまで寝てしまったりします。


それと、時々ですが、朝と夕方を間違ったり、時間の感覚がズレてしまうこともあります。

スポンサーリンク

お昼に突然、家じゅうの雨戸を閉め切って、布団を被って寝てしまったり。

もう寝ちゃったの? と聞くと、「夜遅いから寝た」とのこと。

その時は、雨が降っていて、あたりが薄暗かったから、勘違いしてしまったのかもしれません。

そのまま時間の感覚が狂ってしまっても困るので、今が何時だということを説明して起きてもらいます。


食事の時にも、朝食なのか、昼食なのか、夕食なのかがわかりません。

朝ご飯だよ、昼ご飯だよ、夜のご飯だよと、その都度説明して、今が何時かも伝えます。

今日が何月何日なのかもわからないので、一日に何回も、口癖のように「今日は何日」かと聞きます。

季節もわからないことが゛多くなってきました。

服の着替えは自分ですることができるのですが、たまに、季節に合わない服を着ていることもあります。

このように時間の感覚がズレてしまうのは、典型的な認知症の症状のようですね。

でも、これくらいなことなら、あまり支障なく生活することができます。

介護する側の私はは、あまり強く否定しないようにして、穏やかに説明するように心がけています。


実ははじめの頃は「何言ってるの? 違うよ」と、ついつい強めに言いがちでした。

健康な人なら、笑い話で通じるくらいで、私は、特に強く言ったつもりも、怒ったつもりもないのです。

でも、母が聞くと、怒られたように感じるみたいです。

それで、母の方が怒ってしまったり、スネてしまったりすることもありました。

そうなると、介護している方もイライラしたり、ストレスを貯めてしまうんですよね。

でも、そこはググッと我慢して、穏やかな調子で話すことで回避することができるようです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re:はる野さん

> はる野さん

コメントありがとうございます。
お義母さんも同じなんですね。
私も最初は間違いを指摘しようと思っていましたが、
無駄なことがわかってきてからはあきらめました(笑)
とりあえず、外を見せて、明るいか、暗いかだけを確認させています。
まあ、夜に朝食を食べても、問題ないかー くらいの気持ちでいた方が、精神的に良い感じですね。


くき | 2015.11.04 18:37 | URL


同じ症状に悩んでいます

まさに私の悩みと同じなので、コメントさせていただきます。
義母は、私が夕方に行くと、パジャマを着て、電気を消して寝ていることもあります。昨日は「これから夕食だから手を洗ってね」と言うと、顔を洗って歯磨きをしました。いくら言っても、義母にとっては朝なんです。
私は依然として、一生懸命、正しい時間を教えようとしてしまいます。疲れるだけなのに。
くきさんは、これくらいのことならあまり支障なく生活することができるとお考えですね。そうですよね。私も、そう自分に言い聞かせます。イライラとストレスをためないようにしなければね。

はる野 | 2015.11.04 10:50 | URL














管理者にだけ表示