ホーム断捨離実践の記録 ≫ 今必要かを基準に決める。夕食の支度ついでの断捨離で保存容器を11個捨てました。

今必要かを基準に決める。夕食の支度ついでの断捨離で保存容器を11個捨てました。

夕食の支度ついでの断捨離

先回の続きで、ストックもの置き場です。
前回の断捨離 →もの溜まりスペースを潰そう。夕食の支度ついでの断捨離でストック置き場のガラクタを捨てました

断捨離

カラーボックスの中に、おそらくは引き出物でいただいたような保存容器がたくさん詰まっていました。

スポンサーリンク

みんな未使用だったので、現在使っているものを3つ捨てて、新しい容器3つと交換することにしましました。

これまでは、食器や保存容器などは、ずっと同じものだけを使っていて、引き出物で新しくいただいた食器などは棚に置いておくことが多かったのです。

でも、よく考えてみれば、たまに新旧交換して使うのは良いですね♪

新鮮な気分になりますし、停滞していたモノの流れが動き出すことにもなります。


捨てるためにより分けたものは、一瞬リサイクルショップに持って行こうかと考えたのですけれど、思い直して捨てることにしました。

後で持って行こうと思って寄せておくと、結局はそのままになりそうだったので、スッパリ捨ててしまった方が早く楽になれます。

我ながら、断捨離をはじめた頃よりは、思い切りか良くなってきたような気もします。

断捨離は、いつか使うかもしれない、で決断してはいけないのですね。

捨てる基準は、今必要かどうかを基準にするべきなのです。

後で使うかも? は、もう一生使わないと同意語。取り置いても、そのまま蓄積されて「モノ溜まり」になっていきます。

必要ないものはお別れしてしまって、残ったものを大切に使うようにすればいいのですね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示