ホームモノと向き合う暮らし ≫ もの溜まりスペースを潰そう。夕食の支度ついでの断捨離でストック置き場のガラクタを捨てました

もの溜まりスペースを潰そう。夕食の支度ついでの断捨離でストック置き場のガラクタを捨てました

納戸の洋服の断捨離が一通り終わったので、二巡目に入る前に、他の場所に移動します。

夕食の支度をしてキッチンにいるついでに、隣にあるストックもの置き場の断捨離をすることにします。

断捨離すべき場所はたくさんあるのですが、まずは、短期間で終わりそうな場所から取り組んでいます。

ストック置き場のガラクタ

ストックもの置き場と言っても、フローリングの部屋の一部にカラーボックスを並べただけの場所です。

キッチンで使う細々したものや、買い置きの保存袋、乾物、保存容器など、あまり使っていないあぐだもぐだ(ガラクタ)が積んであります。

スポンサーリンク

今回は、カラーボックスの上に積んであったダンボール箱1個の中身を断捨離。

なぜかストローが大量に入っていたり、お菓子の空き缶や、のし紙が2綴り。

いつの買ったのかわからない早煮こんぶ、古くて色が変わったアルミホイル1箱など。

あられが入っていた不織布のバッグも30枚くらいありましたが、これは記憶にあります。

確か、父の新盆のお茶菓子にまとめ買いをして、中身はお客様に出して無くなりましたが、残った袋は「もったいない」と詰め込んで置いてました。

結局、一度も使わずに忘れていましたので、使わない方がずっと「もったいなかった」ですね。

これらはすべて捨てました。

ビフォー断捨離。現在のストック置き場です。
ストック置き場のガラクタ

箱の中にたくさんモノが詰まっているので、これから少しずつ処分して行きます。

実のところ、我が家には至るとこにこういう小さいモ溜まりのスペースがあるのですよね。

こういう場所をひとつずつ潰して行って、いつかはスッキリした家にするつもりです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示