ホーム親の介護 ≫ まずは介護保険申請から。一人で抱え込まないためにプロの手助けを頼むべきです

まずは介護保険申請から。一人で抱え込まないためにプロの手助けを頼むべきです

先日、介護を一人で抱え込まないように、時には気分転換も必要だというお話をしました。
絶対に気晴らしが必要。介護中でも時には外に出て気分を変えるべきです

負担を軽減するためのひとつの方法として、通所介護施設などのサービスを利用することをお勧めします。

病院で診察してもらうと、お医者様からも進められるはずですので、利用できるものは何でも利用するべきだと思います。

介護保険申請

介護施設のサービスを利用するには、まずお住まいの地域の役場へ行って、介護保険の申請をします。

スポンサーリンク

自分から申し出ないと、役所からは申請しませんか? とは言ってくれませんので、積極的に申請しましょう。

介護保険の申請書をもらって記入します


地域によってやり方が違うかもしれませんが、まずは福祉課の窓口で、介護保険の申請をしたいと申し出ると、申請書を渡してくれると思います。

申請書はその場で書いてもいいですし、持ち帰ってゆっくり書いても大丈夫です。

介護対象となる人の住所氏名年齢、申請者の住所氏名・続柄、主治医の名前と病院名などを書きます。

係員は、病院や主治医と連絡をとり「意見書」の提出を求めるそうです。

申請書を提出して、介護認定審査の日時を決めます


書類を提出した時に、介護認定審査の日時を打ち合わせることになります。

審査は、係員が自宅を訪問して、状況を確認して、どれくらいの介護が必要なのかのランクを審査します。

係員が来訪して介護認定審査の面接をする


審査の当日、予定した時間に係員が来訪して、介護を受ける本人と家族1人と面接をします。

毎日の生活のようすの聞き取り、椅子から立ち上がれるか、寝返りが打てるかなどの体の動きを確認したりします。

また、本人の前では聞きにくいようなことは、面接が終わってから家の外で家族に質問があったり、係員がいったん帰ってから電話で質問されたりする場合もあります。

介護認定の結果が郵送されます


月1回介護認定審査会が開かれて、面接審査の結果と主治医の意見書が提出され二次審査が行われます。

その結果は、郵送で自宅に届きます。

結果は、非該当、要支援、要介護の3つです。

要支援 には、1~2.要介護は1~5までのランクがあって、ランクによって受けられるサービス内容や費用が変わります。

ケアマネージャーを依頼してケアプランを作成してもらいます


おそらく、審査結果通知に、地域の介護施設一覧のような資料が同封されていると思いますので、それを参考にして、お世話になる施設を選びます。

実際にその施設に(電話してから)訪問してみて、納得してから決めれば確実だと思いますが、決めかねる時には、ひとまず地域の社協(社会福祉協議会)に相談してみると良いかもしれません。

我が家の場合は、父の時に、まず社協に電話して条件に合った空いている施設を紹介してもらいました。

そこで出会ったケアマネージャーさんがとても良くしてくださったので、母の時はそのケアマネさんに直接電話してお願いしました。

ケアマネージャーさんが決まると、自宅に来訪してどんなサービスを受けたいかなどの希望を聞いた上でケアプランを作成してくれます。

そのプランに沿って、デイサービスなどを受けられるようになります。

6ヶ月後に再審査を受けます


介護の認定を受けたら、最初は6ヶ月後に再審査があります。同じように面接の認定審査をして介護ランクが通知されます。

その後は、2年ごとの審査で、本人の状況によって介護ランクが決まります。


こうして、文字で書き出すと、なんだか色々と面倒な気もしてしまうかもしれませんが、実際には役場の福祉課の人や、介護施設の人、ケアマネージャーなど、専門家がアドバイスしてくれますので、それほど大変なことではありません。

特に、ケアマネージャーさんが決まってしまえば、何でも気軽に相談できるようになるので、気持ちが楽になるのではないかと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示