ホーム50代の思い・健康 ≫ 更年期と向き合う。女性の50歳前後は体の変わり目です。

更年期と向き合う。女性の50歳前後は体の変わり目です。

更年期は、女性の閉経の前後10年のことをさします。

人によって差がありますが、一般に50歳頃に閉経を迎える人が多いので、45歳から55歳頃を言います。
更年期と向き合う
この時期には、女性ホルモンの一つ、エストロゲンが急激に減るため、体にさまざまな症状が出ます。

この症状を「更年期障害」と言います。

更年期障害は、人によってさまざまで、重い人もいれば、軽い人もいるようです。

スポンサーリンク


主なところでは、

体が熱くなって、汗が出る、のぼせる、動悸がする、冷えるなどの自律神経失調症状

頭痛、めまい、しびれ、不眠、イライラ、集中できない、憂鬱感などの精神神経症状

他にも、生理が不規則になったり、肩こりや筋肉や間接の痛み、皮膚が衰えてシワやたるみ、シミがでやすくなったり。

症状が多岐にわたっているので、更年期障害と気づかずに悩んでいる場合もあるようです。

チェックしてみる? →日本人女性の更年期症チェックシート

私の場合、ちょうど更年期の初期にあたる頃に、父親の闘病生活まっただ中だったのですね。

それで、自分の体のことなんか構っている状況でなくて、更年期障害をまったく気にすることなく通り過ぎてしまいました。

それでも、後から考えるといくつか思い当たることもあります。

当時、夏だったのであまり気にもしなかったのですが、異常に汗を流しながら、父が入院していた病院に通っていました。

何もしていないのに文字通り汗が吹き出してくるんですよ、下を向くとポタポタ地面に垂れるくらい。

それから、時々、自分でもどうしようもないくらいイライラした日もありました。

でも、母は父の付き添いで病院にいましたし、夫は仕事でしたから、イライラを誰にもぶつけることもできず、なんとなく自分の中で消化してしまいました。

それと、今でもごくたまにあるのですが、朝、めまいがして頭が上がらないこともありましたね。

そんな症状がありながらも、更年期障害と思い至ることなく通り過ぎました。のんきなものです(笑)

でも、人によっては布団から起き上がれないくらい辛い人もいますよね。

また、ちょっと性格が変わってしまったのかと驚くくらいに、精神的に混乱しているような人もいます。

つらい時には、更年期だからと我慢してしまわずに、病院へ行くことを考えた方がいいと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示