ホーム親の介護 ≫ 認知症のオシッコ事情。脳と体のアンバランスからトラブルも起こります

認知症のオシッコ事情。脳と体のアンバランスからトラブルも起こります

母の場合はまだ中度の認知症ということで、身の回りのことは一通りは自分でできます。

認知症になると、脳と体のバランスがとれなくなってくるのですね。
認知症のオシッコ事情。
尿意を感じるとトイレへ行きますけれど、下着を下ろして便座にすわる前に、脳が勝手にオシッコを出せと命令してしまうみたい。

それで、トイレへ行くたびに、服を濡らしてしまいます。

やはり母もプライドがありますし、罪悪感も感じるみたいで、一日に何回も自分で洗濯機を回していた時期もありました。

でも最近では洗濯をするということに思い至らないようで、こっそり部屋に汚れ物を隠していたりします。

スポンサーリンク

最初の頃は、私が母の状態に気づけなくて、なぜ一日中洗濯しているのだろうと不思議に思ったり、汚れ物はまとめて洗うように注意したりしていました。

身近すぎると、余計に気づかないものなのかもしれませんね。

オシッコの問題は、現在も頭を悩ませていることの一つですが、母を責めてもどうにもなりません。

認知症はそういう病気なのだと思うしかありません。

母がデイケアへ行っている間に、汚れ物を探して洗うというのが最近の日課になっています。

そして、母のいない隙を狙って、こっそり下着をすべて、リハピリパンツ(パンツ式の介護用紙おむつ)に入れ替えしてしまいました。

新しいパンツを買っておいたら、これからはこれを使うようにと言って、汚れたものを入れるようにゴミ箱を用意しておきました。

もっと嫌がるかなと思っていたのですが、意外にすんなりリハビリパンツに馴れて、一人で脱ぎ着することができています。

その後は、服の洗濯回数も減って、おおむね順調です。

あくまでも「おおむね」です(笑)

リビリパンツにしたことで良かったことも多いのですが、反面、ちょっと困ったことも起こりました。

そのことは、また後ほど書こうと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示