ホーム50代の思い・健康 ≫ 敵を作らない食べ方。我家の食の基本は、野菜中心に広く浅く食べることです。

敵を作らない食べ方。我家の食の基本は、野菜中心に広く浅く食べることです。

若い頃は少しぐらい無茶をしてもすぐに回復してしまいますけれど、50代になりますと、思うように体が動いてくれないことも増えてきます。

お肉などの重いものを食べ過ぎると、しばらく胃がつらかったり、味覚にも変化が出てくるような気がします。

50代になって、これまで以上に食事の大切さを感じています。

敵を作らない食べ方

私が家族の健康のために気をつけているのは2つあります。

野菜中心のおかずにすること。
広く浅く色々なものを食べること。

スポンサーリンク

ちまたでは、○○ダイエットとかで、一つのモノだけを食べる、とか、食べないとか流行りますよね。

糖質制限とか、炭水化物抜き、油抜き、お砂糖抜き、減塩とか、色々。

それぞれに、なるほどなという意味づけがされていて、実践して効果を出している方もいらっしゃいますから、それについて否定するものではありません。

実際私も、健康に良いと聞くと、食事メニューに取り入れてみたりします。

でもね、私の個人的な気持ちとして、砂糖や塩、油などをを敵と断じているような考え方健康方法など、食べ物を悪者にする考え方とは相容れない気持ちなのです。

砂糖や、塩、油、糖質、炭水化物などは、それらが悪いわけじゃありません。

食べ物はすべて、何かしら人間の体に良い影響を与えてくれるものなのです。

悪いのはバランスの悪い人間の食べ方です。

なんだかね、悲しいのですよ。

食べ物が悪者にされているのを見聞きすると。

まあ、人それぞれ、考え方は自由ですから、それはそれで良いのです。

でも、私のポリシーとして、食べ物は体に良い影響をもたらすので、敵を作らず、色々なモノを広く浅く食べることを考えています。

この食べ方では「浅く」というところがポイントになります。

砂糖でも、油も、何でも毎日大量に食べていたら、それは体に悪いものになってしまいます。

本来もっている食べ物の良い効果を上手に取り入れて、健康に生活したいと願っています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示