ホーム断捨離実践の記録 ≫ 冬じたく。母の寝室の断捨離をして古い夏物を捨て。秋冬ものの服を出しました

冬じたく。母の寝室の断捨離をして古い夏物を捨て。秋冬ものの服を出しました

デイケアへ行っている間に母の寝室の断捨離です。

だいぶ肌寒くなってきたので、半袖の下着や洋服をしまいました。

母はタンスの中から服を見つけて着ることが難しくなっているので、ランドリーバスケットを並べて衣類を入れています。

母の寝室の断捨離

なぜかシャツなどの上半身用の下着が山盛りになっていたので、古そうなものは処分。

あとは洗濯して来年用にまとめてクローゼットにしまいました。

スポンサーリンク

夏用のズボンや半袖の普段着なども、古いものは捨て、着られるものは洗濯して来年まで保管。

代わりに、先日買ってきた、長袖の下着と、秋冬用の服を入れておきました。


上着などが床に放り出してあったので、壁にピンを止めてハンガーに掛けてみました。

壁に掛けておくと、散らかった雰囲気になってしまうので、普通なら良くないと思います。

でも、母の場合は、タンスにしまったものは着られないので、見える場所に置く必要があります。

床に放り出しているよりは、壁に掛けた方がスッキリしているので、こうすることにしました。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

> ゆきのさん
コメントありがとうございます。
認知症の人は、少しずつできないことが増えてしまうので、
介護する側がそれに対応してあげなければなりませんね。
お互い頑張って行きましょう。

くき | 2015.10.10 10:12 | URL


はじめまして。
私の母も認知症です。
くきさんと同じように、先日実家で母の衣類を衣替えしてきました。
見えるところに置いてほしいと母もよく口にしますので、
実家の壁も母の洋服がたくさんかかっています。
見栄えより、快適に便利に過ごせることが大事ですね。

ゆきの | 2015.10.09 23:57 | URL














管理者にだけ表示