ホームテキトー料理とプチ薬膳 ≫ 困った時はコレのお助けメニュー冬野菜で作るスープ蒸し。今回はキャベツで作りました

困った時はコレのお助けメニュー冬野菜で作るスープ蒸し。今回はキャベツで作りました

キャベツのスープ蒸しです。

実はこのメニュー、何を作ろうか思いつかない時の、私のお助けおかずです。

思いつかないときはコレ、というメニューが何品かあると便利ですよ。

キャベツのスープ蒸し

今回は、冷蔵庫にあったキャベツですが、白菜で作っても良いし、カブや大根で作っても美味しいです。

大根の場合は蒸すというよりは、煮るようになりますが、いずれにしても、野菜がたっぷり食べられて手間いらず。

スポンサーリンク

キャベツ半分をザクザク切って鍋の中へ。

我が家には年寄りがいるので、ザク切りにしていますが、若い人だったら、キャベツを4分の1に切って、そのまま鍋に押し込んでも美味しいです。

他に冷蔵庫に半分残っていた玉葱も入れました。人参スライスや、きのこ類、ありあわせのもの何でも放り込んでください。

今回はおだしも兼ねて、ハーフスライスベーコン5枚を乗せました。

ベーコンの代わりに、サッと湯がいた豚バラ肉、ソーセージなどを入れてもかまいません。

キャベツのスープ蒸し

上から、酒(または白ワイン)50ccと水50ccをまわしかけ、コショウ少々と、コンソメの固形スープ1個を乗せて鍋ぶたをし、火にかけます。

鍋が沸騰してきたら火を弱めて蒸し煮にします。

キャベツのスープ蒸し

キャベツの水分が出るので、焦げる心配はないと思いますが、煮汁が無くなってしまわないように注意してください。

野菜がしんなりやわらかくなれば完成。

味を見て、味がうすければ塩で、煮詰まって濃いときにはお湯を少し足して調整してください。

味付けは、コンソメスープの素の代わりに、かつおだし、塩糀などでもいいですし、味付けなしで、ポン酢を付けて食べてもアッサリおいしく食べられます。

家庭料理はきっちりレシピが無いのがコツ

その時にあるものによって、作り手の気分によってバリエーションが無限大です。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示