ホームコンビニスイーツレビュー ≫ なんだか懐かしい。酸味が爽やかなローソンの「スプーンで食べるレモンケーキ」

なんだか懐かしい。酸味が爽やかなローソンの「スプーンで食べるレモンケーキ」

ローソンの「スプーンで食べるレモンケーキ」を食べました。

レモンケーキは約50年前、昭和40年代頃に流行ったお菓子だそうです。

ローソンの「スプーンで食べるレモンケーキ」

贈答品用のバターケーキのギフトセットなどに入っていたりするので、食べたことはありましたが、ちょっと地味目なせいか、お味などはよく覚えていませんでした。

ローソンのスイーツ売り場で見かけて購入て食べてみて、かなり気に入ってしまいました。

スポンサーリンク

パッケージをあけると、ふんわりレモンの香り♪ 形も可愛いレモン形です。

ローソンの「スプーンで食べるレモンケーキ」

伝統的なレモンケーキと同じく、外側がレモンクリームでコーティングされていて、内側はやわらかいスポンジ。

中心には、レモンカスタードクリームが隠れています。

ローソンの「スプーンで食べるレモンケーキ」

昔のレモンケーキに比べると、今の趣向に合うように作られているからかもしれませんんが、レモンの酸味が爽やかで、甘ったるくなく、とても美味しいです♪

ローソンの「スプーンで食べるレモンケーキ」

ただ、「スプーンで食べる」というネーミングで、スプーンもついてきたのですが、実のところスプーンじゃ食べにくいです。

内側のスポンジが、もっと軽くてやわらかいとか、ムース状であるとかならスプーンも必要ですが、スプーンよりむしろフォーク、または、直接手で持って食べた方がうまく食べられます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示