ホームテキトー料理とプチ薬膳 ≫ 珍しく安かったのでマッシュルームとシーフードーミックスのガリバタ炒めを作りました。

珍しく安かったのでマッシュルームとシーフードーミックスのガリバタ炒めを作りました。

マッシュルームとシーフードーミックスのガリバタ炒めです。

最初はアヒージョを作ろうとしていたのですが、オリーブオイルが足りなくて、バターで炒めてみたら美味しかったのです。

マッシュルームとシーフドーミックスのガリバタ炒め

マッシュルームは我が家の食卓には滅多に乗りません。

だって高いし。

1パック10個くらいで250円以上することが多いのです。

マッシュルームとシーフドーミックスのガリバタ炒め

でも、なぜかスーパーで1パック150円で売っていたので買ってみました。

その日一日だけで、すぐに190円に上がってしまったので、いいタイミングだったのかもしれません。

スポンサーリンク

マッシュルームはまるままで使いたかったのですが、数を多く見せるために半分にカット。

冷凍シーフードミックスは解凍して、50度洗い(50度のぬるま湯でサッと洗う)をしておきました。

ニンニクスライスとバターをフライパンに入れてから火を点け、半分くらいバターが溶けたらシーフードミックス、マッシュルームを入れて炒めます。

マッシュルームとシーフドーミックスのガリバタ炒め

全体にバターが行き渡ったら、お酒、(あれば白ワインの方がいいと思います)をまわし入れ、ベイリーフも入れます。

フタはしませんが蒸し焼き風になります。

味付けは、黒コショウと塩。

マッシュルームとシーフドーミックスのガリバタ炒め

火が通って水分が少なくなったらできあがり。

彩りにピーマンのみじん切りをトッピングしています。

マッシュルームとシーフドーミックスのガリバタ炒め

いつもは炒め物にバターはあまり使わないのですが、独特の風味があって美味しいですね。

家族からの評判も良かったです。

ちなみに、伯母の住んでいる地域では、マッシュルームの栽培をしている農家さんがあって、一度見せていただいたことがあります。

農場というより、栽培工場という感じですよね。

隣の町に競馬のトレーニングセンターがあるので、お馬さんが出してくれる堆肥を使って栽培する、本来の栽培方法をしています。

(大規模栽培する時には藁やサトウキビ搾を絞った残りに米ぬか化学肥料などを混ぜた人口堆肥を使うことが多いそうです)


まだ栽培がスタートしたばかりの頃は、出荷できないマッシュルームを地元の人に安く譲ってくれていました。

それで、よく伯母は、マッシュルームと鶏肉の煮物を大量に作って食べさせてくれていました。

今考えると、贅沢な煮物でしたね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示