ホームテキトー料理とプチ薬膳 ≫ ダイソーの炒り豆と千切り大根で「くき流まだか漬け」を漬けました

ダイソーの炒り豆と千切り大根で「くき流まだか漬け」を漬けました

先日、ダイソーで炒り豆を見つけたので、まだか漬けを作りました。
ダイソーで材料調達→ 節分以外にもあった♪ダイソーで「北海道産ソフト炒り大豆」と宮崎県産「せんぎり大根」を買いました

くき流まだか漬け

まだか漬けは、宮崎の郷土料理だそうで、私は以前通信講座で発酵食について学んだ時にタカコ・ナカムラさんのレシビを教えていただきました。

それがとても気に入ったので、今では我が家の味にアレンジして作っています。

スポンサーリンク

材料は、切り干し大根 30g 炒り大豆 30g 干しスルメイカ30g 出し昆布 10cm長さ3枚
いりごま 大さじ2杯 鷹の爪 小1本 麹 大さじ3杯、

今回鷹の爪は用意し忘れたので入れませんでした。

七味を振って食べても良いかもしれませんね。

くき流まだか漬け

切り干し大根は洗ってから水に浸けて15~20分くらい置きもどしておきます。

スルメイカとだし昆布は、キッチンハサミで切り干し大根くらいの太さに細く切っておきます。

くき流まだか漬け

鍋に、切り干し大根のもどし汁 150cc 酒 大さじ3、醤油 大さじ2、砂糖 小さじ1、酢 小さじ1を入れてひと煮立ちさせます。

火を止めて、水を絞った切り干し大根、スルメイカ、出し昆布、炒り大豆を入れて混ぜます。

くき流まだか漬け

そのまま少し冷まして、50~60度くらいの温度になったら、糀といりごまを入れて混ぜます。

くき流まだか漬け

ボールなどにあけて、室温でそのまま一晩馴染ませて、その後保存容器に移して冷蔵庫へ。

作ってすぐに食べられますが、2~3日経って、スルメイカや出し昆布がやわらかくなってからの方が美味しくいただけます。

くき流まだか漬け

我が家では、作るとすぐに食べきってしまうので、保存がどれくらいなのかよくわからないのですが、冷蔵庫で7~10日はじゅうぶんに持ちます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示