ホーム100円ショップとDIY記録 ≫ ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワーをセリアのドリンキングジャーに飾りました

ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワーをセリアのドリンキングジャーに飾りました

セリアケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナプフラワーを、ドリンキングジャーに飾りました。

ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワー

ペパナプフラワーは、手芸用のワイヤーとフローラルテープで茎をつけると花瓶に活けられます。

ケナフ入り紙ナプキンで作ったお花は、ドライフラワーのような色合いになりますね。

スポンサーリンク

用意したのは、

セリアのケナフ入り紙ナプキン 
1枚を4分の1にカット。1つのお花に4枚ずつ使いました。

手芸用のワイヤー
お花を止めるのに30番、茎に22番。

茎用のワイヤーは、あらかじめ緑色のテープが巻いてあるものを使っていますが、後で上からフローラルテープを巻くので、普通のワイヤーで大丈夫です。

フローラルテープ ミントグリーン

これらは、セリアには売っていないので手芸店で調達。

他に、お花を入れる花器として、セリアのドリンキングジャー。

色づけに インスタントコーヒー

ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワー

作り方は、以前ご紹介した通りですが、お花の中央を止めるのは、ホチキスやたこ糸ではなく、手芸用ワイヤー半分にカットして使いました。
ペパナプフラワーの作り方はこちら →ペパナプフラワーの作り方。最近instagramで流行ってるらしい

ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワー

止めたワイヤーは、先をカットせず、長いままにしておいてください。

両側のペーパーを交互に上に持ち上げてお花の形にします。

ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワー

茎用のワイヤーに、上で長いままにしておいたワイヤーを巻き付けてつなげます。お好みの茎の長さでカットしてください。

ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワー

フローラルテープを伸ばしながら、茎の部分に巻き付けます。

ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワー

最後に、お花と茎のつなぎ目に顎(ガク)のイメージで、フローラルテープ5~6cmを巻き付けて補強します。

ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワー

茶色いお花の色づけは、ぬるめのお湯で溶かしたインスタントコーヒーを筆でぬっています。

色の濃さはお好みで、ぬるま湯多めにして筆で塗ると、ペーバーに染みて全体に広がって行きます。

濃くして、花びらの先にだけつけると斑入りの感じに仕上がります。

ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワー

色落ちしないように、よく乾燥させてから、生成りのお花と合わせて飾ってください。

ケナフ入り紙ナプキンで作ったペパナブフラワー

花器にしたセリアのドリンキングジャーは、ちょうど高さが良かったので使ってみました。
ドリンキングジャー→ セリアにドリンキングジャーが売っていた。保存瓶というよりマグとして使おう

お家にある花瓶でもいいですし、インスタントコーヒーやジャムの瓶なども使えますね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示