ホームモノと向き合う暮らし ≫ 結局使われない。断捨離していらないものは親子兄弟に押しつけてはいけません

結局使われない。断捨離していらないものは親子兄弟に押しつけてはいけません

洋服の断捨離をしていると、時々、母からもらった服が出てきます。

自分には派手だから、とか、自分は着ないからおまえに、ということがよくあるんです。

つい先日も、いらないというのに、無理矢理ポーチのようなバッグをくれようとしましたし(笑)
断捨離
親心なんですよ。 いくつになっても親は親、子は子。

親は、自分はいいから子供に与えようという気持ちがはたらくのだと思います。

でもね、自分がどうしても欲しくてねだった時は別として、母からもらったお下がりを着ることってほとんど無いのですよね。

スポンサーリンク

1回、2回くらいは着るかもしれませんが、やはり、自分で選んで買った物の方が愛着がありますから、どうしても、そちら優先になります。

ですから私も、断捨離でものを捨てる時、たとえば妹に「これ使う?」は言わないようにしようと思います。

まだ使えるからと、つい、言いがちなんですよ。

でも、私が使わないで捨てようとしているものは、他の人だって捨てるものだということです。

捨てるものが、私から他の人に移動するだけなのですから、サクッと自分の手で処分してしまった方が明快ですよね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示