ホームモノと向き合う暮らし ≫ 「モノを減らしたいなら詰めるな乗せるな」と自戒を込めて言いたい

「モノを減らしたいなら詰めるな乗せるな」と自戒を込めて言いたい

自戒を込めて言います。

「モノを減らしたいなら詰めるな乗せるな」

モノって、おそらく引き寄せる力が強いんですよ。

気がつくと、いつの間にかゴチャゴチャ集まってきます。

たとえば、私の椅子。

自分の椅子には、ほとんど座わらないのでこのありさま。

モノを減らしたいなら詰めるな乗せるな

エプロンとか、温度調整用に着る上着とか乗せておくのですが、そうすると、いつの間にか、他のモノも寄ってくる(笑)

スポンサーリンク

読み終えた雑誌が乗っていたかと思うと、殴り書きしたメモ。買い物から戻ってくるとバッグを放り出して置いたり。

気がつくと、色々なモノが重なって山になっていたりします。

椅子は乗せるモノじゃなくて、座るもの(汗)

本来の使い方をしてあげなくては可哀想ですね。

モノを減らしたいなら詰めるな乗せるな

今断捨離中の、私自身の普段着。
普段着の断捨離 →ガッツリ普段着の処分スタート。就寝前断捨離で執着なくゴミ袋に放り込みました。

もう着ない古着まで、捨てないでダンボール箱に入れていました。

詰めた時は、また来年着るかもしれないと思っていたはずですが、そのまま、もう2度と箱を開けることがなく、何年もおいたままでした。

箱に詰めることは、捨てることと一緒ですね。

その時に捨てちゃえば部屋がスッキリしていたのに。

今はそう考えられるようになりましたけれど、以前は、捨てないで取っておくのが当たり前と考えていたのです。

断捨離をするようになって、モノへの向き合い方が以前とは違ってきましたから、これからは、変われると思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示