ホーム50代の思い・健康 ≫ 50代とはもう半世紀以上生きているということなんだわね

50代とはもう半世紀以上生きているということなんだわね

アラフィフとは、around fifty およそ50歳。

47歳以上53歳以下をさすこともあるそうで、そうなると、私はもうアラフィフじゃないのかな?

アラフィフの次の世代はアラ還というらしいです。

もう半世紀以上生きている

およそ還暦…… なんか、嫌かも(汗) 

四捨五入じゃなくて切り捨てにしましょうよ。

それでも、本人の意志とは関わりなく時は淡々と過ぎて行きます。

スポンサーリンク

気持ちだけは、大学を卒業したばかりの20代の頃と変わりないつもりなんですけど(笑)

やはり、体は年相応になってきています。

今思い返すと、私は恵まれた人生だったと思います。

両親と家族、親戚に守られながら。のほほんと生きて来られましたから。

結婚して、もう子供が望めないと思った時にはこう考えました。

こんなにも恵まれて、不自由なこともなく自由に好きなように暮らせているのだから、その代償として一つくらいマイナスが必要だったのかもしれないと。

子供がいないことで、周囲から多少は言われたこともありましたし、自分自身も残念な気持ちになりましたけれど、何もかもが整った完璧な人生なんかあるはずがないと、気持ちを切り替えました。

でもやはり、ずっと楽なままで過ごすというわけには行かないものですね。

私の40代からの人生は、祖父母を看取ることからはじまって、父の看病から看取り、そして今は、母の介護と続いています。

今までお世話になってきたお返しでもあるでしょうし、子の勤めでもあるでしょうけれど、次から次へと悩みはつきません。

でもまあ、ほどほどの人生。

興味を持ってやりたいことは自由にやってきたし、多少の波風はあっても乗り越えられる程度のものだったし、平凡だけど良い人生を送れたなと今は考えています。

もちろん、生きられるだけ生きて人生を楽しむつもり。

だけど、万が一明日死んでも、納得するかもしれない。

そんなことを考えている昨今です。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示