ホームささやかな暮らし ≫ モノを増やさないはずなのに、道の駅「発酵の里」で、糀をまとめ買いしてしまいました。

モノを増やさないはずなのに、道の駅「発酵の里」で、糀をまとめ買いしてしまいました。

この夏を通して、冷やし甘酒を欠かさず作っていたので、ストックしていた糀(こうじ)が無くなってしまいました。

午前中に夫とドライブがてら、糀を買いに行ってきました。
買い物に行ったのは、お隣の県、千葉県の道の駅です。
くわしくはこちら →「発酵の里こうざき」へ行ってきました。発酵食品をテーマにした道の駅です【その1】

糀

モノを増やさないために、必要なものを必要なだけ買うようにしているはずでしたが、今回は、ついつい糀を3袋(3Kg)まとめ買いしました。

スポンサーリンク

こうじは、一般に「麹」と書きますが、「糀」と書くと特に米こうじをさします。

お米の花と書いて糀(こうじ) なんとなく、好きな言葉なんです。

以前、発酵食について通信講座で学んだことがあるのですが、以来、糀はわがやの食卓に無くてはならない食材になっています。

糀

蒸したお米に微生物の糀菌を繁殖させ熟成させて作ります。

常温に置くと長持ちしないので、乾燥させて水分を飛ばしてから冷暗所に保存するか、または、冷蔵庫、冷凍庫で保存すると長持ちします。

糀

我が家では、現在はビニール袋に包んで乾燥しないようにして冷凍庫に入れています。

使う時には、前日に使う分だけ室温に置き自然解凍。糀がふんわりした感じになったところで使います。

今回は塩糀を仕込もうかなと思って、使う分だけ残して、あとは冷凍しました。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示