ホームスポンサー広告 ≫ セリアのミニ観葉キューブを購入。水栽培している父の形見オリズルランの鉢カバーにしました。ホーム100円ショップとDIY記録 ≫ セリアのミニ観葉キューブを購入。水栽培している父の形見オリズルランの鉢カバーにしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


セリアのミニ観葉キューブを購入。水栽培している父の形見オリズルランの鉢カバーにしました。

セリアで、ミニ観葉キューブ(受け皿付)を2つ買いました。

ポリプロビレン製の四角い植木鉢で、日本製です。

セリアのミニ観葉キューブ

目的は、栽培しているオリズルランの鉢カバーにするため。

緑の指を持っていない私は、植物を育てるのが下手です。

以前、ダイソーで買ったミニサボテンでさえ、いつの間にか枯らしてしまっていたほど。
サボテン購入記事 →ダイソーのちっちゃなサボテンとメッシュラック。お部屋に少しうるおいが欲しかった

唯一、枯らさずに育てているのが、オリズルランです。

スポンサーリンク

亡くなった父は観葉植物が好きで、自分の書斎にいろいろ置いて育てていました。

でも、闘病していた半年ほどの間に、世話をする余裕が無かったのですべて枯らしてしまいました。

ただ一株だけ、父にねだって、書斎のオリズルランの子供を分けてもらい、私の部屋で育てていたものだけが残りました。

セリアのミニ観葉キューブ

こちらが、父に分けてもらって生き残った株。

セリアのミニ観葉キューブ

世話が悪いので、葉っぱも少なく、見た目は悪いのですが、シュートって言うんですかね、細い茎のようなものが伸びて、毎年数個の子供が生まれます。

子供の株は、ある程度大きくなってきたら切り離して、コップに差して水だけで育てています。

オリズルランは生命力が強いのですね。

ただの水道水だけで、養分もあげていないのに、それでもちゃんと生きていてくれるんです。

1つ増え、2つ増えして、今では大家族になりました。

セリアのミニ観葉キューブ

私は子供に恵まれなかったので、父の血縁を繋ぐことができませんでした。

孫を抱かせてあげられなかったのは残念です。

しかたがないとはいえ、正直、心の底で申しわけないなという気持ちはあります。

だからこそ、父の傍らにあったオリズルランの子供達を受け継ぐことにこだわってしまうのかもしれません。

たまに水を替えるだけで世話という世話はしていないのですが、オリズルランが子孫を増やして行くのを見ることで、少しは慰めになっているような気もします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。