ホームささやかな暮らし ≫ 安いモノたくさんと、良いモノをほんの少し、どっちを選ぶ?

安いモノたくさんと、良いモノをほんの少し、どっちを選ぶ?

お買い物をする時に、「安モノたくさん」の商品と、「質の良いモノ少しだけ」の商品、どちらを選びますか?

安いモノたくさんと、良いモノをほんの少し、

時と場合によるとは思いますが、20代の私だったら安物たくさんの方がお得感が高かったかもしれません。

独身OLだったとはいえ、給料日前にはサイフに500円玉が1個だけで、食費どうしよう? なんて生活でしたから、とても優雅な暮らしではありませんてした。

でも、50代に突入した今は、必ずしも安いモノにばかり目が行くとも限りません。

スポンサーリンク

洋服や、靴、バッグなどの衣類にはあまりこだわりませんが、それでも、お呼ばれする時には、年相応のある程度の服が必要だと思います。

普段着なら清潔なら安いモノで平気ですけれど、しかるべき席に出るときに安物の服だとどうしてもおさまりが悪いです。

贅沢でなくてもいいけれど、そこそこ失礼にならない程度の服とは考えますね。

それから、食料品を買う時でも、バーゲンでお安くなっているのは嬉しいですが、輸入品か国産品か? 輸入品ならどこの国のものか? 結構くわしくチェックします。

そして、多少高くても、安心安全に食べられる方を選ぶのは習慣になっています。

年を取ってくると、そんなにたくさんは食べなくなるので、その分質の良い食材を少しだけ欲しいと思うようになりました。

「安モノたくさん」と、「質の良いモノ少しだけ」は、どちらが良い悪いじゃないです。

お家の財政と状況に合わせてベストな方を選べば良いんです。

他人がこうだから、とか、誰々さんのお家に負けちゃうから、なんて意味が無いですので、こだわらない方が良いです。

今の我が家に必要なものは何か、考えながらお買い物をしたいですね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示