ホーム節約エコアイディア ≫ ジャガイモの保存。室温に転がしておけば長持ちしますが、食べ方には注意も必要。

ジャガイモの保存。室温に転がしておけば長持ちしますが、食べ方には注意も必要。

ジャガイモは長期保存に向いた野菜で、タマネギと同様に転がしてあります。
タマネギ保存 →タマネギの保存は、涼しい場所に転がしておくに限る

ただ、我が家では芋類はあまり好まれないので、どうしても残ってしまう傾向にあるんですけどね。

ジャガイモの保存

ジャガイモにはデンプンがたくさん含まれているのですが、そのせいで、高温で揚げると「アクリルアミド」という発がん性の物質ができやすい食材でもあります。

スポンサーリンク


保存する時に長期間冷蔵庫に入れておくと、ブドウ糖と果糖が増えて、揚げた時にアクリルアミドができやすくなります。
参考 →スナック菓子に含まれる発がん性物質アクリルアミドとは

その意味でも、室温て保存することをオススメしたいです。

ただ、揚げないで、茹でたり蒸したりして食べれば問題はありませんので、冷蔵庫に長く入れていたジャガイモは調理方法を工夫して食べたらいいと思います。

それから、これは主婦の方はご存じだと思いますが、ジャガイモの芽や、緑色になった皮の部分にはソラニンという毒があり食べてしまうと吐き気や下痢の症状がでます。

茹でたり焼いたりして加熱しても消えることがないので、保存して出てきた芽や、緑の皮は必ず取り除いてから調理してくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示