ホームモノと向き合う暮らし ≫ 秋になったら服の断捨離するぞ。捨てられなかった服を今度こそ処分します

秋になったら服の断捨離するぞ。捨てられなかった服を今度こそ処分します

秋になって涼しくなってきたら、服の断捨離をしようと計画しています。

今はまだ暑すぎて、納戸にこもっていたら熱中症で倒れそうなので、涼しくなってきたらやります。

納戸に押し込んである私の服のほとんどは、東京でOLだった頃、結婚前に実家でお勤めしていた頃のものです。

秋になったら服の断捨離

体型も変わってきたので、当時の服は着ることはないのですが、それでも捨てないで洋服ダンスの場所ふさぎになっています。

あれを何とかしようと思っています。

スポンサーリンク


私は本には思い入れがありましたけれど、服は何でもいい人だったので、高級ブランド服なんて1枚もありません。

ですから、リサイクルというよりは、捨てるモノがほとんどだと思います。

専業主婦になってからは、ほとんど服買いませんんからねぇ……

田舎暮らしなので、お葬式用の喪服と、結婚式などにお呼ばれする時のスーツがあれば、あとは普段着だけです。

その普段着も、洗って交代で着るだけなので実用本位。

トレーナー長袖、半袖3枚ずつと、衿のあるポロシャツ長袖、半袖2枚ずつ。

スラックス夏、冬3枚ずつ。 エプロン3枚、寒い時に羽織る薄い上着2枚、冬用の短いコート1枚。

おおむねこの程度。

衿のあるポロシャツは、以前は無かったのですが、ちょっとしたお出かけの時はトレーナーより衿のあるものの方が良いということで買いました。

が、たまにしか着ないので、何年も同じものを着ています。

あとは、古くなったら買い換えるという感じですかね。

そういう意味では、納戸の服はそんなに無いはずなのですが……

古くなった普段着も捨てていなかったのですよ(汗)

すり切れて着ない服も、なぜかダンボール箱に入れて重ねてありました。

断捨離をはじめた今となっては、なぜ、捨てなかったのだろうと、我ながら不思議なのですが、もう着ないのだから「捨てる」ということに気がつかなかったのです。

でも、今度は「断捨離」を知りましたので、重ねてあるダンボール箱をスッキリさせようと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示