ホームスポンサー広告 ≫ 量ではなく時間で区切る。時間の節約にはタイマーが大活躍、ホームささやかな暮らし ≫ 量ではなく時間で区切る。時間の節約にはタイマーが大活躍、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


量ではなく時間で区切る。時間の節約にはタイマーが大活躍、

最近、キッチンタイマーをそばに置いておくようにしました。

今している作業を区切るためです。


年を重ねてくると時間に加速度が付いてくるのではないかと思うことがあります。

時間の断捨離

なんだか、ほとんど何もしていないうちに、寝る時間になっちゃった…… なんてことありますよね。

一日の行動を見直してみると、時間の無駄遣いをしていることが多いのです。

スポンサーリンク

検索して調べものをしたついでに、いろんなサイトを見てまわってしまい、気がついたら1時間以上経っていた。

無料動画サイトを見ていたら、あっという間に時間が経っていた…… よくあるのです。

ゲームなどもそうですよね、夢中になってつい時間を忘れてしまう。


でも私は、だからネットを見るのをやめよう、とか、動画サイトは見ないようにした方が良い、ゲームはやめようとは思いません。

時間の断捨離

日がなダラダラと遊んでいたら、それは時間がもったいないことですが、一日のなかで、あるいは、一週間の中で多少の遊びは必要なんです。

大切なのはメリハリ

遊んでる時間は一時、思いっきり楽しんで、あとはキッパリ切り替えて作業や仕事に戻る。

この「切り替え」が、大事だと思います。

私にとってはそのための「タイマー」なのです。

たまたまキッチンにタイマーが近くにあったので使っているのですが、目覚まし時計でも、ストップウォッチでも、何でもいいと思います。

移動するたびに家の中を持ち歩いています(笑)


ネットを始める時、本を読むときには30分タイマ-、仕事をしたり、何か勉強する時には1時間タイマー。

ブザーが鳴ったらその時やっていることは、例え途中でもキッパリやめて次にやるべき作業に移行します。

お料理や掃除などの家事は、途中でやめられない時もありますけれど、概ね時間に合わせるように作業をして行くと、いつもダラダラやっていることが早く終わることもあって、余裕の時間が産まれます。

元来アバウトな性格で、キッチリ予定を組んで暮らすことは苦手なのですが、作業内容ではなくて、時間で区切ることで、メリハリのついた暮らしができるように思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。