ホーム節約エコアイディア ≫ 食べきれないキャベツを茹でて冷凍保存しました

食べきれないキャベツを茹でて冷凍保存しました

スーパーでキャベツを買ってしまった直後、夫の実家からたくさんの野菜をいただきました。

野菜の中に、大きなキャベツがあって、これは食べきれないということで、冷凍しました。

キャベツを茹でて冷凍保存

我が家では冷凍キャベツは主に、みそ汁の実ストックとして利用することが多いです。

スポンサーリンク

大きくて、1個だけでもかなりな量あります。

たぶん少し前に収穫して保存していた春キャベツだと思うのですが、外側の葉が少し弱りはじめていました。

これは、はやめに処理しておかないと、食べられなくなってしまいそうです。

キャベツを茹でて冷凍保存

4つにカットして、中の芯をザックリ切り取り、芯は細かく刻んで、みそ汁、またはスープの具に。

葉の部分は、5~6 cm 角くらいに適当に刻みます。

キャベツを茹でて冷凍保存

大きめの鍋にお湯を沸かして、塩、または、固形スープの素を溶かして、キャベツを入れ、サッと湯がきます。

キャベツを茹でて冷凍保存

ざるに上げて水気を切り、そのまま手でさわれる程度に冷まします。

キャベツを茹でて冷凍保存

冷めたら、軽く水気を絞って、ひとつかみずつラップに包んで冷凍。

凍って固くなったら、場所をとらないように、ダイソーの小物入れに立てて入れて保存しています。

みそ汁には、だし汁が煮立ったところに冷凍のままポンと入れて、汁が温まったらお味噌をいれればでき上がり。

酢の物や、おひたしにする時は冷蔵庫で解凍して味付けをするだけです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示