ホーム捨てにくいモノの捨て方 ≫ 中身の残った瓶詰めの捨て方。そのまま捨てていいの?

中身の残った瓶詰めの捨て方。そのまま捨てていいの?

先日、冷蔵庫の断捨離をした時に出た、中身の入った瓶詰めなどの捨て方です。

最後まで使い切ってしまえれば問題は無いのですけれど、食べきれないうちに賞味期限が切れてしまったり、少しだけ残って忘れていたり。

または、いただいたものの、家族の好みではなくて、封も開けずに放置されていたり。

そういうモノも多いです。

中身の残った瓶詰めの捨て方

中身が残っている時は、そのまま捨てるのではなく、中身を出してから捨てましょう。

スポンサーリンク

ただし、そのまま水に流してしまうと、水を汚して環境汚染につながります。

私の場合は、少量ならキッチンペーパーや新聞紙に包んで、ある程度量がある時は、ビニール袋に新聞紙を敷いて、そこに瓶の中身を出すようにしています。

中身の残った瓶詰めの捨て方

スプーンや、バターナイフなどで中身を出します。

理想としては、細いゴムベラがあれば、瓶の内側についた中身もすくい取ることができます。

ゴムベラがない時は、最後に、ちぎって揉んだ新聞紙やペーパータオルで内側を拭き取りましょう。

瓶の底まで届かない時は、菜箸で紙を挟んで拭くとうまく行きます。

中身の残った瓶詰めの捨て方

液体の場合も、クシャツとまるめた新聞紙やペーパータオルの上に出して水分を吸わせます。

中身の残った瓶詰めの捨て方

ある程度瓶の内側がキレイになったら、瓶の中に水を入れて、水を張った洗い桶の中に沈ませます。

この時、ビニールの注ぎ口がついているものははずしておきます。


しばらくすると表面のラベルの糊が浮いてくるのではがします。

剥がしにくい時は、金属タワシでこするとうまく行きます。

中身の残った瓶詰めの捨て方

後は、よく水を切って、自治体の分別に沿って捨てましょう。

普通、瓶の部分はガラスの不燃ゴミ、フタの部分は金属の不燃ゴミになります。

また、ビニール袋に出した瓶の中身は、生ゴミとして可燃ゴミです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示