ホーム捨てにくいモノの捨て方 ≫ 包丁・ナイフ・カミソリなどの捨て方。そのまま捨てていいの?

包丁・ナイフ・カミソリなどの捨て方。そのまま捨てていいの?

流し台の断捨離で捨てることになった、古い包丁とパン切りナイフ、カミソリの刃。

これは、自治体の不燃ゴミで収集してくれます。

包丁・ナイフ・カミソリの捨て方

ただこのまま、収集袋へ入れればいいかと言うと、そうではありません。

スポンサーリンク

古くなったり、錆びたりしているとはいえ、間違えば人を傷つける可能性のあるものです。

ゴミ収集の係員さんが、怪我をしてしまう可能性もありますので、危険物だということがわかるようにして捨てましょう。


ヒゲそりなどに使うT字カミソリに付ける刃、最近は、こういうカミソリはあまり使いませんけれどね。

パンを焼く前に、生地に切れ目(クープ)を入れるためのクープナイフを手作りするので、今も使っています。

切れ味が命なので、使えなくなった刃がたくさんたまっていました。

カミソリの刃を捨てる時には、私は刃の部分にガムテープを貼り付けて、ビニール袋などにまとめて入れて捨てています。

包丁・ナイフ・カミソリの捨て方

包丁やナイフを捨てる時には、刃の部分に新聞紙複数枚を巻いて、または、ダンボールなどの固い紙を巻いて、ガムテープで止めてから捨てています。

包丁・ナイフ・カミソリの捨て方

包丁全体を包んでしまっても良いのですが、外から見て包丁だとわかるように、柄の部分は見えるようにしています。

捨て方は、各自治体でも違いますので、お住まいの地域のルールを確認してください。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示