ホーム断捨離片付け本の感想 ≫ マンガで学べる断捨離。鈴木淳子・著/川端のぶ子・原案監修コミックエッセイ『断捨離アンになろう!モノを捨てれば福がくる』を読みました

マンガで学べる断捨離。鈴木淳子・著/川端のぶ子・原案監修コミックエッセイ『断捨離アンになろう!モノを捨てれば福がくる』を読みました

鈴木淳子・著/川端のぶ子・原案監修のコミックエッセイ、『断捨離アンになろう!モノを捨てれば福がくる』を読みました。

コミックエッセイ『断捨離アンになろう!モノを捨てれば福がくる』
やましたひでこさんの「断捨離」の考え方を基に、わかりやすくマンガで表現した本です。

文章を読むのはちょっと…… という人でも気軽に読めるので、断捨離入門書としてオススメです。

スポンサーリンク

「断捨離アン」とは、断捨離をしている人という意味です。

このコミックエッセイの中では、主人公ののんさんが断捨離をしていく過程を追って、行動したり考えたり、悩んだりしたことが描かれています。

なんだかね、モノと向き合って行く時に感じることが、自分と似ているなぁと感じながら読んでました。

あまり難しく考えずに、一歩踏み出してみるのって大切だなと思います。

ちなみに、本を増やさないために電子ブックで読んでいます。
今回はここで→ eBookJapan

文章を読むのはKoboやkindle 等の電子ペーパーが読みやすいのですが、マンガや雑誌などの画像を見るには、タブレットや専用ブラウザを使った方が読みやすい気がします。

eBookJapanでは、無料配布されている専用ブラウザか、IEなどのパソコンのブラウザでも読めます
くわしくはこちら → eBookJapan:リーダーについて

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示