ホームテキトー料理とプチ薬膳 ≫ 味付けはお好みで♪残り野菜のファイトケミカルスープ(クスクス入り)

味付けはお好みで♪残り野菜のファイトケミカルスープ(クスクス入り)

月1回くらい、冷蔵庫の断捨離をします。

できるだけ無駄にならないようにはしているのですが、古くなったり、買っても食べなかった食品などは思い切って捨てて庫内をリフレッシュさせます。

そして、残り野菜の処分は、いつもこのスープになります。

キャベツの芯スープ

もちろん、新鮮な野菜の方が栄養価が高いのは承知の上。

でも、しなびていてもまだ食べられるのに捨てるには忍びない。そんな時にオススメです。

スポンサーリンク

キャベツの芯や、大根人参のヘタ、ゴボウの先の細い部分、玉葱の使い残り、長ネギの青味、etcとにかく何でも細かく刻みます。

皮を剥かないで刻んでもOKです。その方が栄養価は高くなります。

野菜を煮込んだスープには、食物繊維の他に、ファイトケミカル(フィトケミカル)という若返り物質の「抗酸化物質」が溶け出しています。
参考 → ファイトケミカルは煮込んだ菜くずスープがとりやすい

健康のためにもオススメな食べ物です。

キャベツの芯スープ

鍋に適量の水を入れて、ゴボウ、人参などの地面の中で育つ野菜は水から入れて煮て、キャベツなどの土の上に育つ野菜は沸騰してから入れて柔らかくなるまで煮込みます。


長ネギや、菜っ葉類のすぐに火が通るものは、仕上がり際にいれます。

まあ、ズボラ方式なのであまり細かく考えずに、とにかくやわらかくなるまでコトコト煮ればいいです。

キャベツの芯スープ

野菜だけでもじっくり煮るとお出しが出て美味しいのですが、お好みで、固形スープの素や、カレー粉を適量入れて煮てもOK。

味付けも、塩コショウ、醤油、トマト味、牛乳味、お好みでどうぞ。

キャベツの芯スープ

今回は、ちょっとおシャレに、もどしたクスクスを入れて軽食用にしてみました。

クスクスは粒状のパスタの一種で、熱湯や電子レンジで戻して食べます。

ご飯を入れて雑炊風にしたり、マカロニやスパゲティでスープパスタにしたり、パンを添えて食べても。

キャベツの芯スープ

冷蔵庫内もスッキリしますし、食物繊維もたっぷり摂れるので体の中のお掃除にもなりますよ。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示