ホーム捨てにくいモノの捨て方 ≫ スプレー缶の捨て方。そのまま捨てていいの?

スプレー缶の捨て方。そのまま捨てていいの?

カセットコンロのガスボンベ、殺虫剤のスプレー缶、化粧品のヘアスプレーなど、身のまわりには意外にスプレー缶が多くあります。

いつも何気なく購入してしまう私ですが、イザ捨てる時になると手間がかかるので、もうスプレーは買わないぞと決心します。

そうは言っても、必要な時にはは仕方がありません。

スプレー缶の捨て方


原則として、スプレー缶は、必ず最後まで使い切る

手間をかけないで捨てるためにはこれに尽きます。


大事なので、もう1回書きます。

必ず最後まで使い切る


スポンサーリンク

私の場合、カセットコンロのガスボンベの使い終わりには、必ずやかんをかけて火が消えるまでお湯を沸かしています。(火が消えたのがすぐに確認できるように近くにいます。)

その他のスプレー缶の場合は、シューッと出なくなるので確認できますよね。

軽く振ってみてチャプチャプ音がしないのも使い切った証拠です。

最近では、「中身排出機構」というガス抜き用のキャップなどがついているものもあるので、使い切った後でそれを使ってガス抜きをしておきます。

以前は、捨てる時に缶に穴を開けることが推奨されていたのですが、火災や火傷などの事故が多発したため、穴を開けないで捨てるようになっているところも多くあります。

お住まいの地方自治体の最新の捨て方を確認してください。
参考 → 正しいごみへの出し方:日本エアーゾール協会


問題は、まだ中身が残っているスプレー缶の捨て方ですよね。

面倒なのでそのまま置きっ放しにしている場合もあるでしょうか…… 私も耳が痛いです(笑)

でも、スプレー缶は金属なので、長年置いたままにしておくと錆びて弱ってくることが考えられます。

知らない間に周囲に中身が漏れ出していたなんてことも無いとは言えません。

使わないことがはっきりしていたら、できるだけ早めに処理しておくべきなんですよね。

中身が多く残っているスプレー缶の場合、火気のない通気性の良い戸外で、噴射ボタンを押して中身を出す、ということのようです。
参考→ 製品の廃棄方法について:日本エアーゾール協会

ネットで検索していたら静岡県磐田市のサイトで写真で説明してあるのを見つけました。
磐田市公式サイト→  中身の残ったスプレー缶やカセットコンロ用ガスボンベの捨て方を知りたい
磐田市では、使い切った後は穴開け推奨のようですね。

ただ、このやり方では、土の上に直接流しているので、それはどうなのかな?
新聞紙やトイレットペーバーの上に出して、可燃ゴミとして出すと言う方法もありました。

そして、わからない時や不安な時には、メーカーのお客様相談窓口へ電話して確認してみるのもひとつの方法です。

スプレー缶を捨てるのは一歩間違うとご自身はもちろん、ゴミ収集車での火災や事故に繋がる危険がありますので、正しい捨て方を知って、適切に処理したいものですね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示