ホームコンビニスイーツレビュー ≫ クリームをどうやって入れたのか気になってます。ローソンの四角いシフォンケーキホイップクリーム&カスタード

クリームをどうやって入れたのか気になってます。ローソンの四角いシフォンケーキホイップクリーム&カスタード

ローソン四角いシフォンケーキを食べました。

ホイップクリーム&カスタードクリーム入りです。

ローソンの四角いシフォンケーキ

シフォンは、薄く軽い絹織物のこと。絹のように軽い食感からシフォンケーキと呼ばれます。

1920年代にアメリカの料理愛好家、ハリー・ベーカさんが考案したケーキで、ハリウッドで大人気になったそうです。

バターを使わないで、サラダ油を使っていることと、卵白を泡立てたメレンゲで焼き上げるため、カロリーはやや控えめです。

スポンサーリンク


一般には、真ん中に穴が開いた丸い型で焼きますが、ローソンの四角いシフォンケーキは、その名の通り、四角い紙型入りです。

ローソンの四角いシフォンケーキ

真ん中にホイップクリームが飾られています。

おそらく、ここからケーキの中に入っているホイップとカスタードを注入したのだろうなと予想しました。

ローソンの四角いシフォンケーキ

紙型のイラストは2種類あって、それぞれティータイムを楽しんでいる女性の絵柄。

シフォンケーキの好きな女性は多いと思いますので、女性向けのケーキなんでしょうね。

ローソンの四角いシフォンケーキ

ふわっとしたケーキの内側には、カスタードクリームとホイップクリームが詰まっています。

それも、外側に薄くカスタードがあって、内側のホイップクリームを包んでいるように入っています。

どんな風に入れたのだろうと気になっています。

ローソンの四角いシフォンケーキ

お味は申し分なく。おいしい♪

スポンジのふんわり柔らかな食感もいいし、甘過ぎないサッパリしたクリームも良いお味でした。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示