ホーム捨てにくいモノの捨て方 ≫ 電池の捨て方。そのまま捨てていいの?

電池の捨て方。そのまま捨てていいの?

断捨離をしている間に、使い終わった乾電池が複数出てきました。

後で捨てようと思いつつ、そのままにしてあるうちに、だんだんたまってしまいました。


乾電池の捨て方

電池って、なんだか捨てにくいですよね。

そのまま燃えないゴミで捨てていいの? ということで調べてみましたよ。

スポンサーリンク

まず、家庭用の電池は、使い捨ての「一次電池」と、充電して繰り返し使える「二次電池」があります。

■ 乾電池とリチウム一次電池の捨て方



乾電池、リチウム一次電池は充電できないので、使えなくなったら終わりです。

地方自治体のゴミ分別ルールに従って、不燃ゴミ、資源ゴミ、有害危険物ゴミとして捨てます。

こちらの電池メーカーマクセルのサイトで地方自治体ごとの捨て方を検索できますよ。

マクセルDETCHI NAVI : 電池の捨て方
http://battery.maxell.co.jp/pc/denchinosutekata/index.html

捨てる時には、液漏れやショートすることを防止するために、+極と-極それぞれにセロテープやビニールテープを貼って絶縁しておくと良いそうです。

ただし、地方自治体のゴミ収集ルールでは推奨していない場合もありますので、ルールを確認してくださいね。
電池の捨て方

ヘアピンやコイン、鍵などの金属製のものと一緒に入れておいたりすると、電気が流れて熱くなったり、爆発、発火の危険があるので注意しましょう。

■ 小形充電式電池の捨て方


充電して何度も使えるタイプの電池は、ニッケルやカドミウム、コバルト、鉛などの稀少な物質を使っているためリサイクルに出します。

電池の捨て方

電池の裏側などにリサイクルマークがついているので、それを確認してください。

オレンジ色のリサイクルマークは、ニッケル水素電池のマークです。

電池によって、青、灰色、緑などのマークがあります。

電池の捨て方

回収してくれるお店は、こちらのサイトで検索することができます。

JBRC:リサイクル協力店検索
http://www.jbrc.com/recycle/kensaku.html

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示