ホーム100円ショップとDIY記録 ≫ あえて失敗談。ダイソーのデジカメケース、しっかり確認を怠ると銭失いになる

あえて失敗談。ダイソーのデジカメケース、しっかり確認を怠ると銭失いになる

ダイソーで、コンパクトデジタルカメラのケース「デジカメクッションケース」を買ったのですが、確認を怠ったため使えませんでした。

100均で買う時は、念には念を入れて、細部まで確認することが必要です。

わかってたはずなのに…… 最近100円ショップでのお買い物が増えて、馴れすぎたことが失敗の元だったかもしれません。

ダイソーのデジカメケース

スポンサーリンク

いつも愛用していた(過去形)デジカメは、ケースが無いので、バッグにそのまま入れて持ち運んでいたものですから、汚れやキズが絶えませんでした。

ダイソーのデジカメケース

それで、ダイソーで見つけたのがこれ。

内側がフワフワのクッションになっているので多少の衝撃から守ることが出来るし。キズの心配もなさそうです。

ダイソーのデジカメケース

これイイ♪ と、買って、家へ帰ってからカメラを入れてみたら、なんと、ファスナーが閉まらない。

途中までは閉まるのだけど、最後の3cmのところで動かなくなって、ガチャガチャ無理に閉めるとファスナーの真ん中から開いてくる(汗)

お店で売っていた時はちゃんとしまっていたので、動かしてみないでしまったのでした。

包装袋入りじゃなくて、このままむき出しで売られていたので、ファスナーのチェックはできたはずなのですが、しないでしまった。

自業自得なんですけどね。

ダイソーのデジカメケース

そうこうしている間に、なんと、ケースに入れるべきデジカメが壊れてしまいました。

長年使ってきたので寿命なのかもしれませんが、突然使えなくなるので困ったものです。

そのため、デジカメを入れられないこのデジカメケースも、一度も使うこと無く処分してしまいました。

たった100円(108円)ですけれど、されど100円。

無駄にしてしまったのでちょっと残念です。


壊れたデジカメですけれど、ミニマリストの仲間に話したら、その方はデジカメを断捨離してまい、スマホだけを使っているそうです。

そうですよね、最近のスマホは写真がキレイに撮れるし、スマホがあれば十分かもしれませんね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示