ホーム断捨離実践の記録 ≫ 執着心を乗り越える先に見えるもの。文庫本52冊リサイクルへ

執着心を乗り越える先に見えるもの。文庫本52冊リサイクルへ

文庫本52冊をリサイクル用に仕分けしました。

これで、本棚に入っていた文庫本はほぼ無くなりました。

文庫本52冊リサイクルへ

あとはハードカバーが棚4つ分残っています。

これもリサイクルにーするつもりなのですが、やはり執着心が残っています。

断捨離するということは、執着心との戦いですね。

スポンサーリンク

それぞれ人によって、愛着を感じるものって違うと思います。

お洋服に執着を感じる人、アクセサリーに執着を感じる人、本に執着を感じる人。

私の場合はやはり本なんでしょうね。

あらためて持っていた本を見てみると、希少本とか価値ある本とかを持っていたわけじゃないんですよ。

どこにでもある、本屋さんで普通に買える本。

それなのに、離れがたい気持ちになるのだから我ながら不思議なものです。

本棚に飾ってあっても、一度読んだら二度読むわけでもなく、ただ置いてあるだけなのですから、不要なものには違いないのです。

モノへの執着を断ち切って身軽になることが、私の今、そしてこれからに必要なのだろうと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示