ホーム100円ショップとDIY記録 ≫ 納豆嫌いでも食べられた。ダイソーのフリーズドライ納豆Natto

納豆嫌いでも食べられた。ダイソーのフリーズドライ納豆Natto


ダイソーで買った納豆スナック Natto (なっとう)です。

これはNattoと英語表記もしてあるので、外国人観光客を意識しているのかな。

外国の人の味覚には納豆は衝撃的な味みたいなので、興味津々食べてみようと考えるのかもしれませんね。

ダイソーのフリーズドライ納豆

フリーズドライの納豆なのですが、これ外国の方でもじゅうぶん食べられると思います。

何しろ、納豆嫌いな私でも食べましたから。

スポンサーリンク

私の地元は納豆で有名な県で、納豆を干した「干し納豆」があります。

私は干し納豆も苦手なんですよ。食べられないの。

この納豆スナックは、カンロさんが製造していて、カナダ、アメリカ産の大豆を使用。

粒が細かいです。

フリーズドライにしてあるので、あの独特の粘りや糸引きがありません。

なので、私のような納豆嫌いもストレスなく食べられます。

ダイソーのフリーズドライ納豆

オーソドックスな味の醤油味と、ピリ辛のペペロンチーノ味がありました。

口に入れるとほんのり納豆臭さもありますが、生の納豆を食べた時のような強いニオイではありません。

噛むとわずかに納豆の粘りを感じます。これも、極力抑えられています。

ダイソーのフリーズドライ納豆

パッケージには「納豆菌が生きている」と書かれています。

納豆菌は加工しても死ぬことがない強い菌なんですね。

ダイエットに納豆は良いと効きますし、大豆はタンパク質が豊富ですから、健康スナックとしておやつに、ビールのつまみに良さそうです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示